マツキヨでは多くの種類の無添加化粧水を用意しています

昨今の傾向として、肌への影響を考えて無添加な化粧水を選ぶ人が増えてきました。余分なものが配合されていないことで、なんとなく安心できるような印象を持ってしまうものです。ただ、ここで気をつけなければならないのは、無添加の基準は、化粧水によってそれぞれ違う、ということです。無添加化粧水と表示されている商品の多くは、実は、人によってアレルギーが発生するおそれがある成分や香料が入っていない、ということを意味しています。つまり、旧表示指定成分と呼ばれているものです。これは、表示義務が課せられたものです。具体的には、石油系の合成成分が配合されている事実を表示していることになります。現在では、配合成分のすべてを記載することが義務となっています。ですから、そこに書かれていることが、旧表示指定成分であるかどうかを判断するのは、極めて、難しいと言わなければなりません。さらに、旧表示指定成分が無添加であっても、それとあまり変わらないリスクを持った成分が配合されている事例もあります。ですから、無添加化粧水とうたわれているだけでは、それが本当に安全であるかどうかは一概には言えません。とはいえ、もし一部に添加物があったとしても含有量が少なく、それ以上に、他の好ましい成分がより強い効果を発揮すれば、化粧水は大いに存在価値を持ってきます。マツキヨには、豊富な種類の無添加化粧水を提供しています。

This entry was posted in 未分類 and tagged , . Bookmark the permalink.