乾燥肌には無添加化粧水がおすすめ

乾燥肌には、さまざまな原因がありますが、化粧水に含まれている添加物が原因だった場合は、無添加化粧水に切り替えることで、劇的に効果が現われます。
添加物には、防腐剤、香料、着色料などがあり、肌が強い方にとっては、メリットのある効能がありますが、デリケートな方の場合は、それらが過剰に肌を刺激することになり、炎症を起こし、肌を傷めてしまうこともあります。
肌へダメージが与えられると、それを守ろうと過剰に肌が反応し、結果として、乾燥肌の症状が進行してしまうことがあります。
肌を構成する細胞の能力には限界があり、本来はうるおいや栄養を保ち、適度なハリやキメのある肌へと導くはずだった能力の多くが、外部の刺激から守るために割かれてしまうのは、何とも、もったいないプロセスです。
一方、無添加化粧水は、天然由来の成分を中心に、刺激物となり得る成分を廃しているため、肌が拒絶することなく、毛穴や角質の奥まで成分が浸透し、うるおいを与えることで、瑞々しさを持った肌へと導かれていきます。
もちろん、皮膚病の範疇に入るような乾燥肌であれば、早めに医師に相談するべきですが、そこまで至らない症状である場合は、無添加化粧水に切り替えることで、大きな効果が期待できます。

This entry was posted in 未分類 and tagged , . Bookmark the permalink.