弁護士相談とひき逃げについて

交通事故に遭ったらまずしておきたいのが、弁護士への相談だ。

弁護士と聞くと、かなり費用がかかってしまうと身構えて仕舞うヒトは少なくありませんが、交通事故の際の補償や交渉に関するコンサルテーションは、事故を起こしたヒトではなく、そのヒトが加入している保険業者と行う事になります。

補償や交渉が増えれば、保険業者は損をしてしまう事になる結果、保険業者は加害者の助っ人になり、多少なりとも払う額を少なくしようと交渉をするが、素人がこんな保険業者と対等に交渉するのは容易ではありません。

この場合、下手をすれば補償も交渉も出ない、出てもほんの僅かとなってしまう事があります。

一度、示談交渉が決まれば、後遺症が出ても、もう一度はなし合う事すら出来なくなります。

それに対して、弁護士であれば、保険会社とも敢然と交渉する事が可能となり、納得できる補償や交渉を受け取れるようになります。

勿論、弁護費用は掛かる事になりますが、それ以上に手にする金額が掛かるという事が殆どで、交通事故に遭ったのであれば、弁護士に相談を通しておく事がおすすめです。

それによって、本当に納得できる補償や交渉を受け取れるようになります。

ひき逃げは道交法において救護任務違反に該当します。

交通事故を起こしてしまったらお巡りさんを呼んで対処してもらったり、相手のいる事故である場合には相手にどれだけの補償をしなければならないのかなどの話し合いをしなければなりません。

マイカーの損傷だけではなく相手にダメージをさせてしまったりなどすれば治療費を払わなければならないなどが関わってしまう。

こんな動揺から逃れたい、代金を払いたくないなどからつい逃げてしまうのです。

自分のマイカーだけではなく他人のマイカーに軽く不具合を入れてしまったというちっちゃな事故であっても、ヒトにダメージをさせてしまったり逝去させてしまうなどの大きな事故であっても、お巡りさんへの連絡は任務となっています。

きちんとした事故処理をするようにしなければより恐ろしい刑罰を科せられることがある結果、注意が必要です。

事故を起こしてしまうと多少なりともパニックを起こしてしまい、そのまま走り去ってしまうというヒトもいますが、それを見てるヒトもいます。

ナンバー控えてお巡りさんに報告するヒトもいるため、ひき逃げをしても防げるものではありません。

逃げなくなるのではという気持ちでひき逃げをするのではなく、きちんとお巡りさんへ通報してください。

交通事故によるご相談は豊明接骨院

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です