トリイソステアリン酸とPEGについて

トリイソステアリン酸は、コスメティックスに配合されている混合界面活性剤や乳化剤の混合成分だ。

混合界面活性剤や乳化剤に対して悪いイメージを感じるほうがいますが、混合界面活性剤や乳化剤はコスメティックスをの質を高め、より際立つインパクトを得るために欠かせない成分だ。

混合界面活性剤や乳化剤は人肌の汚れを落として肌を清潔にするアクションがあり、さらに評価を向上させる使い道もあります。

コスメティックスに配合されている有効成分をむら無く混ぜる使い道もあり、コスメティックスがお肌の修復に後押しを行う。

トリイソステアリン酸を混入するコスメティックスは、トリイソステアリン酸の可溶化アクションによって、有効成分が角質層に浸透し易くなります。

有効成分の肌への普及がなくなる結果、より際立つスキンケア効果が期待できます。

トリイソステアリン酸を混入する乳化剤は滅菌アクションがあり、アクネバクテリアなどのバクテリアを滅菌して、にきびケアなどにも役立ちます。

このように、トリイソステアリン酸はコスメティックスのインパクトを上げるのにおおきく貢献していますが、乾燥肌やセンシティブな人肌の方が使用するとストレスが強いと感じる場合があります。

ノーマル肌の方には特に問題はありませんが、乾燥肌やセンシティブな人肌の方がトリイソステアリン酸入りのコスメティックスによって肌に乱れを感じた時、消耗を控えるように行います。

ポリエチレングリコールの効用としてチェックしてみると、コスメティックスの成分だとわかることがあります。

コスメティックスの開示にはアルファベットで、シンプルにPEGと記載されていますが、これは略してあるからだ。

水溶性混合ポリマーであり、ポリエチレングリコールの成分の効用としては、ありとあらゆるコスメティックスに配合されています。

コスメティックスというと基礎コスメティックスを思い浮かべますし、ローションや母乳にクリームにも含まれます。

それでもコスメティックスは基礎コスメティックスだけではないので、石鹸などにもこういう成分は使われます。

思っているよりも身近で、いつも用いるコスメティックスに数多く留まるのも、ポリエチレングリコールの成分だ。

これだけ女の子たちに身近なコスメティックスに入っている成分であり、お肌への使い道にももちろん後押しをします。

これはコスメティックスの成分における、水分と油分を合体させるために役立ちます。

乳化がスムーズになりますので、成分はさらに安定することができます。

ポリエチレングリコールがコスメティックスにコンビニエンスな理由として、美容成分をより浸透させる使い道もあるからです。

ローションや母乳など、美容成分は、更に肌へと染み込み易くなるので、美容効果を人肌で感じやすいのです。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です