オリーブオイルとアレルギーについて

オリーブオイルの種類は細く分けると8ランクで、おおまかに分けると3つに分類することが出来ます。

中でもエキストラバージンオイルは、オリーブのくだものを搾ってろ過しただけの、バージンオイルで、酸度が100g分0.8gを下回るものをいう。

精製オリーブオイルは、精製して食しやすい旨みに組み合わせされています。

エキストラバージンオイルは、生食で通じることが多く、オリーブオイルは、加熱調理に使い易い。

一般的に、エキストラバージンの掲載のないオイルは、精製オリーブオイルとされています。

エキストラバージンオイルの豊かなエッセンシャルオイルは、加熱すると飛んでしまう。

ですから、ドレッシングを作ったり、調理の仕上げに使ったりと、加熱しないで旨みが生きてくる。

生ですが、加熱すると原材料に盛り込み、他の油では出せない味に仕上がります。

イタリアでオリーブオイルと言われるものを、日本ではピュアオイルと叫ぶことがありますが、これは精製オリーブオイルにバージンオリーブオイルがブレンドされたものです。

とにかく最大の取り得は旨みですから、使いこなす為にも原材料によって使い分けなければならないでしょう。

旨みが良くて、健康にも良いのですから、調理には欠かせません。

現代病でもあるといわれているアレルギー。

一口にアレルギーと言っても様々な種類のアレルゲンが存在します。

卵、牛などの食べ物から、ダニや猫、犬などのアニマル、杉花粉やぶた草花粉などの植物性のものも。

もしかして自分はアレルギーなのではないか、と思われる人は、一度アレルギーテストをしてください。

反応するものが判れば対処のしようもありますから。

どこへ行けばいいかというと、あまり知られていませんが、アレルギー科というポイントがあります。

近くにアレルギー科がなければ内科や耳鼻咽喉科、ひふ科でもかまいません。

喉や鼻がおかしいなと思ったら耳鼻咽喉科へ、吹き出物や痒みが現れるようなら内科やひふ科へいって下さい。

パフォーマンスも素早く見つかるのがブリックテスト。

生後4ヶ月の赤ちゃんから受けることが出来ます。

表皮に如何わしいと思ったものを直接はりつけ、その反作用を探るパッチテスト。

ブリックテストや血液検診と違って表皮をいためることはありません。

たくさんの通知を一度に調べることが可能なのが血液検診。

検診によって費用もかなり違って来ます。

ホスピタルで検診を受けると決めたらあらかじめ代金を確認しておくのが安心でしょう。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です